自分で探すのが厳しいならタクQに頼ろう!

舞台の裏方の仕事とは

どのような仕事か知ろう

履歴書

テレビ番組では、その番組に応じて様々なセットが用意されています。
またテレビだけでなく、舞台では大掛かりなセットが用意されており、とてもスピーディーに舞台チェンジが行われています。
これは、大道具と呼ばれるスタッフが行っており、大道具は他にも、展示会やコンサートなどのイベントでも活躍しています。
手先が器用、物づくりが好き、舞台や演劇に興味がある方であれば、大道具の仕事をしたい、と考えた事がある人も多いでしょう。
大道具の仕事は、セットの製作だけでなく、設営や操作、解体や撤去など幅広く行っています。
しかし、大道具の仕事に就くにはどうすればいいのか、疑問に思う人も多いでしょう。
大道具の仕事をするためには、国家資格など決まった資格は必要ではないので、誰でも目指す事ができます。
しかし、製作や設営などを行うので、手先の器用さやデザインセンス、そして体力が必要とされます。
TVや、舞台製作会社から求人が出ているので、求人サイトなどを小まめにチェックすると、自分の希望する、大道具の仕事を見つける事ができます。
また製作会社の公式サイトに、求人募集が出ている事もあります。
考えているよりも、求人募集は沢山出ているので、チャンスをつかむ事は可能です。
大道具の仕事は、けして楽な仕事ではありませんが、自分が作ったセットで、多くの人が喜び楽しんでくれるので、とてもやりがいのある仕事だと言えます。
未経験でも可能な製作会社もあるので、思い切って応募してみましょう。

トレード実務の実態

婦人

貿易業界には様々な仕事があります。
物を運ぶドライバーや通関業務に携わる通関士、業務に携わる事務の人たちなどです。
中でも貿易事務の仕事は多岐に渡ります。
貿易事務で働くには経験と知識が必要ですが、新卒では経験は手に入れるのが難しいです。
関連企業で学生時代からバイトしていれば話は別ですが、そうでない人が大半です。
そんな時誰でも手に入れたいと思っているものが資格です。
貿易事務に活かせる仕事は貿易実務検定や通関士、英語のTOEICなどです。
英語力はあらかじめ鍛えておくとしても実務はそうはいきません。
取引には様々な事が起きるため、資格があっても活かせない場合もあるからです。
現場主義の仕事であるとも言えます。
面接で資格が評価されるのは実務検定のB級からです。
一番下のレベルであるC級を持っていたとしても取得している人が多いため、その分スピーチでアピールする必要があります。
もしあなたが貿易事務に携わりたいなら、資格はあくまでツールであると理解した上で取得しましょう。
海外との取引は国内取引に比べて複雑かつメンタルも強くないといけません。
またスピードや正確性が求められる事があり、一般事務が海外になったものと考えていてはいけません。
働く場所も重要です。
インテグレーターと呼ばれる航空機を持つドアからドア、フォワーダーと呼ばれる混載業者など多数ありますので、自分にあった業務内容、スキルアップしたい面を考えてみましょう。

主婦や学生に人気

図面

コールセンターの仕事はお客さんからかかってきた電話に対応する業務と、お客さんに電話をかけて新しい商品やサービスの案内を行う業務があります。
電話を受け付ける業務をインバウンド、電話案内をするコールセンターの業務をアウトバウンドといいます。
インバウンド業務としてすぐに思い浮かべる人が多いのがテレビショッピングの受け付けや、購入した商品の使い方説明などです。
その他にも保険会社での事故対応電話の受付やクレジットカード会社での問い合わせ案内など様々な仕事があります。
アウトバウンドはインターネット回線の案内や営業補助の為のアポイントメント業務などがあります。
コールセンターのバイトは時給が高いところが多いのですが、その中でもアウトバウンド業務は時給が良く賞与があるところもあります。
こういった業務は専門知識も必要だし難しいのではないかと思う人が多いのですが、どの企業も研修を行っているので心配はありません。
未経験でも可という求人がほとんどで、採用後は1〜2ヵ月ほど研修を受けることになります。
また実務についた後もわからないことがあれば、教育を担当するスーパーバイザーにすぐに相談できます。
コールセンターのバイトは主婦や学生など、短時間だけ働きたいという人に特に人気があります。
シフト制なので、子供の学校行事など用事がある時には融通をきかせてもらえます。
週に2〜3日勤務も出来るので、他のバイトと掛け持ちすることもできます。
また髪型や服装に制限がないので、バイトを始める為にわざわざ仕事用の洋服を買わずにすみます。
コールセンターのバイトは求人サイトなどを利用すると多数見つけることができます。